生活習慣病、高血圧、糖尿病、脂質異常、メタボリックシンドローム、痛風、動脈硬化、痴呆、うつ、など様々な病気について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微量の血で大腸がん検診、短時間で-国がん


 国立がん研究センター(国がん)は8日、5マイクロリットル程度の血を1-3時間解析すれば大腸がんの発生を診断できる方法を開発したと発表した。大腸がんの検診には現在、内視鏡検査などが用いられているが、前もって2リットルの洗浄液を飲まなければならないなど、受診者への負担が大きかった。【真田悠司】

 開発されたのは、血液中にある「エクソソーム」を、短時間で分析する手法。エクソソームに着目した従来の手法では、解析に1日程度の時間が必要だったが、特殊な抗体を用いることで、解析時間を1-3時間まで短縮できたという。

 この方法を開発した国がんの落谷孝広・分子細胞治療研究分野長らの研究グループの研究結果は、7日付で英国の科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」(電子版)に掲載された。落谷分野長は、「大腸がんの早期発見のため、製薬会社と協同し、できるだけ早く臨床の場に届けたい」と話している。

スポンサーサイト

先天性風疹症候群、昨年同期比2.7倍に-東京が最多、福島などでも患者報告


 昨年の風疹流行を受け、先天性風疹症候群(CRS)の報告数が増えている。今年の報告数は、昨年同期比2.7倍の8件を記録。東京や大阪といった都市部だけでなく、福島などの地方でも報告が出てきた。CRSの発症は、風疹の流行から20―30週程度の時間差があり、今後も患者の報告が見込まれそうだ。【新井哉】

 妊娠早期の女性が風疹にかかると、胎児に難聴や白内障、心臓構造異常などが起こりやすく、これらの障害が発生した場合、CRSと診断される。国立感染症研究所がまとめた今年の報告数(3月26日現在)は、前年同期の3件を大幅に上回る8件を記録。都道府県別では、東京が最多の3件で、福島や新潟、大阪、兵庫、島根でもそれぞれ1件あった。

 8件のうち、母親が妊娠中に風疹に罹患したケースは5件。母親にワクチン接種歴があったにもかかわらず、出生児がCRSと診断されたケースも3件あったという。

 昨年の流行時に風疹患者が多数出た東京都内では、各自治体がCRSへの警戒を強めている。今年度も風疹の予防接種費用の助成を行う文京区は「依然として患者の報告が続いており、十分な注意が必要」と指摘。妊婦が風疹にかかると胎児にCRSが発生する恐れがあるとして、職場での感染防止や予防接種の重要性を訴えている。

医師、当直前後とも通常勤務が8割超-ヒヤリ・ハット「経験ある」は約35%


 8割を超える医師が、当直前後に通常勤務をしていることが、医師・医療従事者向けサイトを運営する「ケアネット」(東京都千代田区)の調査で明らかとなった。当直前後の勤務体制について、多くの医師は通常勤務していると答え、当直前に限るとほぼ全員だった。一方、当直後の半日勤務や勤務なしは合わせても2割に届かなかった。当直前後とも半日勤務、または勤務なしとした医師は全体の1%にすぎなかった。【真田悠司】

 ケアネットは先月、同サイト会員の医師を対象に、病院勤務医の当直勤務に関する調査を実施し、1000人から有効回答を得た。それによると、当直前後の勤務体制について医師は、当直前は98.3%、当直後は83.3%が通常勤務をしていると答えた。当直後の半日勤務は12.7%、勤務なしは2.7%と合わせても15.4%にとどまった。

 また、睡眠時間に関する回答からは、当直時の平均睡眠時間は4時間34分だとわかり、20代医師の平均睡眠時間が、4時間07分と最も短かった。当直回数は全体平均が一月当たり3.5回であり、20代医師が最も多く一月当たり4.4回だった。若い医師になるにつれて、睡眠時間は短くなり、当直回数は増える傾向にあった。

 同調査の医師のうち、34.9%が、当直を理由とした睡眠不足や疲労によるヒヤリ・ハットを経験している。ヒヤリ・ハットの内容の中では、「薬剤の処方(薬剤名・量など)のミス」が最多で、「診察中や手術中に眠ってしまった」「患者を間違え、指示を出した」と一歩間違えば重大事故を引き起こしかねない現場の姿が明らかとなった。

 自由回答には、「当直明けの手術はつらい」「当直明けは休みたいが、医師不足のため現状では休めない」と勤務体制そのものの厳しさに対する意見が多くみられた。また当直については「世の中の人に夜勤とは違うことを理解してほしい」といった意見や「きちんとした労働者扱いでの待遇を」と当直勤務の過酷さが、患者や同僚に理解されない辛さを訴える声も目立った。

世界で最も権威のある自然治癒力博士からの緊急提案



「7歳」若返りたいと思いますか?

美容整形で無理やり見た目だけを
変形させるようなことなどせずに
外見も中身も「7歳」若返ることができ
る方法が公開されているようです。

その、

若返りの秘術を教えている人物は、

「ドクタージョーンズ」

日本では、あまり有名ではないのです
が、世界で最も権威ある自然治癒力の
アメリカの大学において
博士号を修得されているのです。

その活躍の舞台はアメリカにとどまら
ず、サウジアラビアの王族たちとも、
仕事をしているような人物です。



そんなジョーンズ博士が
いまの日本の医療システムを見て

「日本人に向けての緊急提言」

のビデオを作成したそうです。



つまり今の日本の医療システムのままで
は、病気と加齢が加速をする一方だそうです。

貴重なビデオになっています。


そして、「若返る」ビデオになってます。

病気と加齢の速度を抑えれば、
必然的に若返るのですから…。

「7歳」若返る秘密の他にも、
以下の興味深いことなど教えてくれます。

————————————
・100%自分の能力を活かしきる秘密
・病気の遺伝子を「眠らせる」には?
・世界最先端の「ネオ引き寄せの法則」
・1日を「36時間」にしたいですか?
・生産性を高める「具体的な」方法!
・理想の身体を1年で手に入れる方法
・マインドセットとエネルギー管理
・日本の医療システムが危険な理由
・「生産性」と「影響力」を高める秘密
————————————

あなたが

最高の2014年を迎えるためには、
いずれも見ておくべき内容ばかりです。

「健康」は最高の資産になると思います。

自分自身は元より、大切な家族を
守るためにも見ておいた方がいいですね。

私もすぐ確認しようと思います。

http://i.amicommu.com/i/l9b4lg2i


capture-20131227-163239.png

いまの保険料、「ちょっと高いかな」って思ったことはないですか?

いまの保険料、「ちょっと高いかな」って思ったことはないですか?

日本人の70%が、ご自分のライフプランに合っていない
保険に加入していると言われています。

プロの視点から、あなたに最適な保険に見直す事で
50%も保険料が安くなったという例もあります。

「私、保険に加入してないから関係ないや」と思ったあなた。
新規加入するときの保険選びも非常に重要です。

http://123direct.info/tracking/af/880867/ORlGLAxz/

保険は複雑で分かりにくいと
感じた事はありませんか?

将来何が起こるか分からないし、
子供も生まれるかもしれない、
万が一に備えてあれもこれもと手を出したり・・・

営業の人が入った方が良いというから、
よく内容を理解しないでとりあえず入ってしまった。
など・・・

それは当たり前です。
なぜなら、保険商品の内容は素人には難しすぎるからです。
けれど、心配する必要はありません。

髪を切るなら散髪のプロである美容師。
料理をつくるなら料理のプロであるコック。

それと同じように保険を選ぶなら保険のプロである
ファイナンシャルプランナーを活用するのが常識となりつつあります!

それが「ほけんの病院」の無料相談サービスです!

http://123direct.info/tracking/af/880867/ORlGLAxz/

通常1時間1万円程するのですが、
今回に限り、完全無料でご利用いただけます。
(キャンペーン期間中は5000円分の商品券プレゼント)

http://123direct.info/tracking/af/880867/ORlGLAxz/


最新記事
生活習慣病(成人病)
診断リンク
サプリメント







送料無料【お試し980円】59種類の栄養を持つユーグレナが入った緑汁

健康食
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

高血圧対策リンク
糖尿病対策リンク
うつ病対策リンク
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。