生活習慣病、高血圧、糖尿病、脂質異常、メタボリックシンドローム、痛風、動脈硬化、痴呆、うつ、など様々な病気について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で最も権威のある自然治癒力博士からの緊急提案



「7歳」若返りたいと思いますか?

美容整形で無理やり見た目だけを
変形させるようなことなどせずに
外見も中身も「7歳」若返ることができ
る方法が公開されているようです。

その、

若返りの秘術を教えている人物は、

「ドクタージョーンズ」

日本では、あまり有名ではないのです
が、世界で最も権威ある自然治癒力の
アメリカの大学において
博士号を修得されているのです。

その活躍の舞台はアメリカにとどまら
ず、サウジアラビアの王族たちとも、
仕事をしているような人物です。



そんなジョーンズ博士が
いまの日本の医療システムを見て

「日本人に向けての緊急提言」

のビデオを作成したそうです。



つまり今の日本の医療システムのままで
は、病気と加齢が加速をする一方だそうです。

貴重なビデオになっています。


そして、「若返る」ビデオになってます。

病気と加齢の速度を抑えれば、
必然的に若返るのですから…。

「7歳」若返る秘密の他にも、
以下の興味深いことなど教えてくれます。

————————————
・100%自分の能力を活かしきる秘密
・病気の遺伝子を「眠らせる」には?
・世界最先端の「ネオ引き寄せの法則」
・1日を「36時間」にしたいですか?
・生産性を高める「具体的な」方法!
・理想の身体を1年で手に入れる方法
・マインドセットとエネルギー管理
・日本の医療システムが危険な理由
・「生産性」と「影響力」を高める秘密
————————————

あなたが

最高の2014年を迎えるためには、
いずれも見ておくべき内容ばかりです。

「健康」は最高の資産になると思います。

自分自身は元より、大切な家族を
守るためにも見ておいた方がいいですね。

私もすぐ確認しようと思います。

http://i.amicommu.com/i/l9b4lg2i


capture-20131227-163239.png
スポンサーサイト

糖質制限

糖尿病や予備軍とされている人にとって、カロリー制限や

糖質制限は気になるところです。

最近よく取り上げられているのが、糖質制限。

カロリー制限より簡単で満腹感も得られるからです。

まずサラダなどの野菜を食べて、そのあとおかずを食べて

そして最後にご飯を少量食べるというものですね。

野菜の食物繊維が、糖質の吸収を遅らせるため、結果的に

糖質の腸内吸収が減るというものです。

その糖質制限の食事法により悪影響が出たとの報告も

あります。中には、心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がったと

いうものも。脂質やタンパク質が多くなりがちで血中脂質が

増えたり腎臓への影響もありえるとも言われています。

また、よく噛むことでインスリンの分泌量が減り、食事の

量が減り、満腹感が早く訪れ、糖の総摂取量が減ることが

言われています。

いずれにしても、極端なことは、かえって悪影響を及ぼす

こともあるので、カロリーを抑えることと並行して、

バランスよく行うことが望ましいでしょう。

主流になりつつある糖質制限

糖質過多が生活習慣病などの現代病をもたらす元凶だとして

糖質制限を取り入れた食事法がメディアに出始めて数年が

経ちました。

また最近でも、テレビで取り上げられる回数が増えてきています。

生活習慣病と言われる、糖尿病、高血圧、脂質異常の予防改善

には、適度な運動と食事管理が必須です。

なかでも、食事に関しては、カロリーコントロール、塩分調整

そして、糖質制限といろいろ言われてきました。



本来、カロリー制限では、熱量を重視するあまり、糖質は6割を

超えていました。これが血糖値を上昇させ、心筋梗塞や脳梗塞の

危険を高めてしまっていたのです。



血糖値を上げるものは、糖質に限り、脂質やタンパク質は関係

ありません。ですから、米や小麦などの穀物製品や、芋類などの

糖質が主成分のものは控えなければいけませんし、甘い菓子や

ジュースなども血糖値を上げる要素となります。



私たち日本人は、コメ文化民族であり、近年に至っては、食事の

欧米化により、小麦文化にもなりつつあります。

いずれにしても、糖質を主食としているのには変わりありません。

今一度、糖質と生活習慣病の関係を見直し、重篤な病気リスクを

抱えないような食事を心がけましょう。




- PR -





 

生活習慣病予防ランチには蕎麦?!


生活習慣病予防に関して、食事への気配りは大事です。


サラリーマンにおけるランチの形態をみると、

炭水化物中心、脂質多めが主流になっています。


しかしながら、最近の健康志向により、野菜中心で

カロリーを考えて食事をする方も増えてきました。


また、カロリー制限から、さらに糖質制限へ移行する

方も増えています。


定食やご飯もの、ラーメンなどを避け、サラダバーと

コーヒーでお昼を済ませる方もいます。

確かに、カロリーや糖質的には良さそうですが、

これでは栄養不足で体調を崩しかねません。


では、何を食べればいいのでしょう?


一つの答えとして、蕎麦があります。

蕎麦は、不溶性の食物繊維が豊富で、糖質も低く、食後の

血糖値の上昇が穏やかで、おまけに低コレステロール。

また、ポリフェノールを大量に含んでいて、抗酸化作用が

あり、さらには、血圧を下げる効果もあります。



このように、蕎麦には生活習慣病に効果的な要素が多く

含まれていますから、お昼のメニューに悩んだら、

進んで取り入れたほうがいいでしょう。

付け加えるならば、蕎麦湯には、蕎麦の有効成分が

溶け出しているので、飲むことをおすすめします。

逆に、蕎麦汁は塩分が多いので、飲み干さない方が

いいでしょう。
 





なかなかできない運動...思考を変えてみる

検診のたびに脂質異常でひっかかり、

医者に運動を勧められる。

そんな経験ありませんか?


そうは言われても、なかなかできないのが運動です。

でも、もしかしたら、知らず知らずのうちに、

できているのかもしれません。


中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やすには、

適度な運動が必要です。

有酸素運動(早歩き、自転車など)を一日30分以上

やるのが目安とされていますが、連続しての30分の

運動は、なかなかできませんね。

しかし、これは数回に分けて行っても効果がある

ということを知っていましたか?


例えば、毎朝、家から駅まで歩く10分間を

早歩きにしてみる。

駅では、エスカレーターを使わず階段を上る。

駅から会社までも同様。もちろん帰りも同じようにする。

これだけで、すでに30分近く経っているのでは

ないでしょうか。

少し足りないと思ったら、入浴前や寝る前に、3分程度の

軽いスクワット(屈伸運動)を取り入れるのもいいでしょう。


改めて、やろうとするとなかなかできないのが運動ですが、

思考を変え、普段からの心がけで、充分補うことができる

のです。



- PR -

* 生活習慣が気になる現代人に必要とされる脂質
  <DHA&EPA EX>
 

* レスベラトロールプレミアムボディ




 
最新記事
生活習慣病(成人病)
診断リンク
サプリメント







送料無料【お試し980円】59種類の栄養を持つユーグレナが入った緑汁

健康食
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

高血圧対策リンク
糖尿病対策リンク
うつ病対策リンク
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。