生活習慣病、高血圧、糖尿病、脂質異常、メタボリックシンドローム、痛風、動脈硬化、痴呆、うつ、など様々な病気について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主流になりつつある糖質制限

糖質過多が生活習慣病などの現代病をもたらす元凶だとして

糖質制限を取り入れた食事法がメディアに出始めて数年が

経ちました。

また最近でも、テレビで取り上げられる回数が増えてきています。

生活習慣病と言われる、糖尿病、高血圧、脂質異常の予防改善

には、適度な運動と食事管理が必須です。

なかでも、食事に関しては、カロリーコントロール、塩分調整

そして、糖質制限といろいろ言われてきました。



本来、カロリー制限では、熱量を重視するあまり、糖質は6割を

超えていました。これが血糖値を上昇させ、心筋梗塞や脳梗塞の

危険を高めてしまっていたのです。



血糖値を上げるものは、糖質に限り、脂質やタンパク質は関係

ありません。ですから、米や小麦などの穀物製品や、芋類などの

糖質が主成分のものは控えなければいけませんし、甘い菓子や

ジュースなども血糖値を上げる要素となります。



私たち日本人は、コメ文化民族であり、近年に至っては、食事の

欧米化により、小麦文化にもなりつつあります。

いずれにしても、糖質を主食としているのには変わりありません。

今一度、糖質と生活習慣病の関係を見直し、重篤な病気リスクを

抱えないような食事を心がけましょう。




- PR -





 
スポンサーサイト
最新記事
生活習慣病(成人病)
診断リンク
サプリメント







送料無料【お試し980円】59種類の栄養を持つユーグレナが入った緑汁

健康食
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

高血圧対策リンク
糖尿病対策リンク
うつ病対策リンク
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。