生活習慣病、高血圧、糖尿病、脂質異常、メタボリックシンドローム、痛風、動脈硬化、痴呆、うつ、など様々な病気について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂質異常とは

脂質異常とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などが多過ぎる病気のことで、
やがて動脈硬化になり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす要因となるものです。

脂質異常には3つのタイプがあり、
・LDLコレステロールが多いタイプ
・HDLコレステロールが多いタイプ
・中性脂肪が多いタイプ
となっています。

LDL(悪玉コレステロール)が多いと、やがて動脈硬化を引き起こしますので
最も注意が必要です。
中性脂肪は、それ自体は動脈硬化の原因にはなりませんが、それが多いことで
HDL(善玉コレステロール)が減り、その結果LDLが増えやすく、動脈硬化に
なる危険があります。
また、中性脂肪は、メタボリックシンドロームの危険因子を持っていることが
多いことが確認されています。
よって、定期的な血液検査で長期的に観察する必要があります。

脂質異常の治療は、生活習慣の改善と薬物療法です。
生活習慣の改善では、禁煙、食事の見直し、体重維持、運動が重要です。
投薬で一時的に数値は下がりますが、薬だけで治すことはできません。
日頃からの心構えが必要です。



 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
生活習慣病(成人病)
診断リンク
サプリメント







送料無料【お試し980円】59種類の栄養を持つユーグレナが入った緑汁

健康食
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

高血圧対策リンク
糖尿病対策リンク
うつ病対策リンク
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。